グアム メモリアムホスピタル 溺水で入院&退院

グアム子連れ コンドミニアム生活 vol.11

2013.04.28 ~ 29

2:00 病院に運ばれて、酸素チューブを挿入され、血液検査にレントゲン検査。肺に水が入ってしまった恐れがあるので要注意で入院。

ビーチで呑み込んでしまった海水を吐いて、意識はあったものの、念の為か救急車でグアムメモリアムホスピタルへ運ばれた。どうやら、肺に水が入ってしまった恐れがある場合は病院行きになるらしい。そして、病院に運ばれた場合、24時間は経過観察の為に少なくとも1泊は病院に入院となる。本当に要注意です。

みーこはカンに会えなかったので病院内の様子はわからなく、ただただ心配するだけ。

でも話によるとその日(28日)の夕方にはだいぶ元気になって「肉が食べたい!」とリクエスト。病院食はカンの口にもカッキの口にも合わない。ダーリンが急いで焼いたTボーンステーキを差し入れ。

そして翌日の朝食メニュはフレンチトーストで口に合ったので食事をする事ができたよう。かなり元気になって今日の検査次第で退院日が決まる。でも、事故があってから原則24時間は病院にステイなので、正午ジャストのフライトには間に合いません・・・なのでカンとメンメがグアムメモリアムホスピタルに居残り・・・

29日8時半にメンメとダーリンが病院に到着。(なぜみーこ1人で4人のベビーシッター???)カッキとダーリンが10時に病院を去ってみーこ達と合流して空港に行ってしまうとメンメは24時間病院に拘束。カンは、昨日のうちに救急治療室から個室に入院。窓がなく壁に囲まれた個室。だから、昼なのか夜なのかわからない・・・個室にはトイレとシャワールームが付いていているから全てこの個室で生活。食事はコンドミニアムから持って来た、ウォーターや昨夜のパスタ、スナック菓子などで1日分は揃っている。

通訳のおばちゃんが居なくなると英語で格闘しなければならない。カンの入院中、日本の病院で働いた経験のあるドクターがメンメに話しかけて来た。初めは片言の日本語だったけど、そのうち英語になり、「expensiveって日本語ではなんて言う?」と言われてメンメ パニック!!!たった15分そこらだったけど、こんなに緊張したのはフランス留学中の授業以来だよ~!なんでこんなところで英会話のマンツーマン授業しなければならないんだ~!!!と冷や汗タラタラ・・・・

そしてなお、英語での冷や汗タラタラの場面は多々あり、看護士が「pain、pain?」って質問してきたけど、ぽか~んってしてたら、ダメだこりゃ~!お手上げ!って言うような態度をとられたらしい・・・メンメちゃんお疲れ・・・

そして夕食はドロドロの豆スープに茹で芽キャベツがゴロゴロ&蒸しとり肉。なんじゃ~これってメンメ&カン。そして、食事はここで終わらない。「スナック~❀❀」っと子どもはもう寝る9時頃にサンドウィッチが出て来た!日本の病院ではありえない!!これがお国違いの病院夜食!

でもいい事もあったようで、普段体を動かしていなければいられないカン。すっかり元気になった夜食後、ベッドの上でウズウズしていると、キッズルームへ連れて行ってくれた。(他の子どもと接触させないためなのか)カン1人で遊びたい放題!おまけに木製の組み立て式ドラゴンのおもちゃまでGET!疲れて眠いメンメに「作って~」っとせがみ、英語で書かれた説明書と格闘しながら、挿絵をヒントに作り上げる。そして、元気いっぱいにポーズ!後日写真を見せてくれたけど、ごく普通に元気な姿だった。

そして、30日、一日経ってようやく退院。朝8時頃に退院手続きをとる。この時気付いた事が、病院内に売店があった事!窓のない壁に囲まれた病室(個室)にずっと居たメンメ。まさか病院の売店にいろいろ揃っているとは!案外可愛い物も売っていると後悔・・・

入院が2泊3日以上の場合保険がおります。さらに入院中、付き添いの人が必要で購入した商品や携帯電話代、交通費も保険でカバーできます。(海外保険のOFFの場合)

でも、通訳のおばちゃんが時間があるという事で、空港に行く前にABCストアーに寄ってくれて、ストレス発散のショッピング。続いて、プレミアムアウトレットにも連れて行ってくれたが、開店前で惜しくもショッピングを逃した・・・(Kマートなら24時間営業だったのに・・・気付いたのは帰国後でした・・・)搭乗の2時間以上も早く空港に着いたので、ここでも最後までショッピング!本当なら事故の日の夕方Kマートに行く予定でしたが・・・次回のお楽しみです。

GWの間とあって機内もそれほど混みあってはいなく、外国人の姿が目立っていたようです。機内食は昨日と同じハンバーガー。

とんでもないアクシデントに見舞われましたが、無事に帰国する事が出来ました。念の為、帰国の翌日に掛かり着けの小児科で診察をしてもらい、以上がないのでそのまま登校。ブルーの透き通ったきれいな海とお魚さんの印象より、溺れて怖い思い出が強くなってしまって残念。

懲りてしまったのは海外旅行初のカッキ。初めての海外旅行でまさかの入院騒動・・・一方メンメは免疫が付いていた(メンメは2度目の海外で風邪ひいて病院行き・・・)ので、さらにリベンジを考えている。カッキの気持ちが晴れたらまた行こう!合同海外!

しかし、このグアム旅行の災難は帰国後まだまだ続くのです。ハッチとベリーが帰国直前の夜に熱を出し、下痢症状が始まったハッチ・・・

【 vol.12  グアムで感染?ロタウイルス へつづく 】

子連れグアム コンドミニアム生活 準備編 へ戻る