ローザンヌ中央駅前のアパートメント

子連れ 南フランス・イタリア・スイスドライブ vol.07

2013.08.07 (wed)

17:45        アヌシー ⇒ ジュネーブ 40km 35min

雨のアヌシーを出て目指すはスイスとの国境。スイスのハイウェイはハイウェイ年間使用€40を支払って乗りたい放題。でも今回はたった24時間の為に€40を払います。去年買ったハイウェイ券、残しておけばまだ有効期限内だったのに・・・今年もスイスに来るなんて、予定外だったので捨ててしまった・・・やっぱり記念としても残しておくべきだった・・・と後悔。

ジュネーブ ⇒ ローザンヌ  65km  50min

€40を支払って、スイスのハイウェイを走る。超過速度に対するチェックが厳しいスイス。昨年罰金を払っているので、速度超過にならないように気を付けよう。ジュネーブ通過中は、大きな建物の下をくぐって行く。大きな街ジュネーブ。

ジュネーブ郊外の建物は何かしらフランスとは雰囲気が異なる、木組みのお家が多い。緑のじゅうたん、丘の斜面に点々と建っているお家。でも、メリーゴーランドで遊び疲れたナッツ、ベリーは熟睡中。

ローザンヌに近づくとだんだん賑やかになって来た。ナビをホテルに設定して、ナビに誘導されてホテル付近まで。ローザンヌ中央駅南にあるアパートメントホテル。迷うことなく、ホテル前に到着。車をどうすればいいか、すぐにチェックインできるか、みーこが聞きに行く。

ガラス越しのドアの横にインターホンがある。このインターホンを押すと、男性が応答。続いてみーこの後ろに来た中国人の親子もインターホンで話をする。ドアのロックを解除してくれたので、中に入る。すると、電話のベルが鳴った。中国人のおじさんが「俺だ。」と言って電話に出て、このアパートメントのスタッフと話をしている。そして鍵ボックスの暗証番号を聞いて、鍵を取りだした。次はみーこの番。再び電話のベルが鳴ったので、受話器を取る。そして、さっきの中国人のおじさんの時と同様に、目の前にある鍵ボックスの暗証番号を聞いて、暗証番号を入力し鍵を手に入れた

20:00 鍵は手に入れたものの、駐車場の確保がまだだ。今日も駐車場を探さなければならない。近くの公共パーキングを見つけなければならないが、アパートメント周辺は車でいっぱい。雨のローザンヌ。ナッツ&ベリーは熟睡中。しかたがないので、ナッツをベビーカーに乗せて、スーツケースとキャリーケースを降ろして、ベリーを乗せたダーリンは駐車場を探しにアパートメントを離れた。

雨が降りしきるローザンヌ。ひとまず、荷物とナッツの眠るベビーカーをアパートメントの中に入れてダーリンを待つ。10分経っても戻って来ない。先に部屋にスーツケースを運んでしまおう。部屋に入ると・・・うん???たばこの匂いが・・・

荷物を部屋に置いても、まだ来ないダーリン。ちょっと心配になって来たので、ナッツの様子を伺いつつ、アパートメントの外に出て、車道を見てみる。が、姿はない。ナッツの様子を見たり、車道を見たりと行ったり来たり。15分~20分程経ってようやくダーリンがベリーを抱っこして戻って来た。これで部屋に行ける。

エレベーターに乗って部屋に入る。やっぱりたばこの匂い・・・ダメです・・・と言う事でクレームの電話をする。しかし、今夜は満室と言う事でこのタバコ臭い部屋で我慢することに。ダーリンも禁煙者なので、みーこはタバコの匂いが大の苦手・・・

20:30 夜も遅いのでディナーに行こう。でも外は雨・・・それにワインを飲みたいダーリンとみーこ。歩いて行ける範囲がいい。外に出るが、レストランが少ないローザンヌ中央駅南口。北口は旧市街に面していて、マクドナルドまであった!とりあえず、目の前にイタリアンレストラン『 La Milan 』がある。ランチの 『 Le Napoli 』 (ナポリ)に続いて今度はミラノ。フランスやスイスに居ながら、イタリア旅行の気分だ!中はお客さんで賑わっている。満員の状態。この 『 La Milan 』以外に際立ったレストランはない。今回こそ、夜にチーズフォンジュ!って決めていたけれど、イタリアンになってしまった・・・

中に入ってみる。ほぼ満席。でも二階が空いていると言うので、二階に行くと2,3組しかいない。でも食べる前から、ナッツが眠くなって・・・寝てしまった・・・

グラスの白ワインにサラダ2種類とエスカルゴ、ミネストローネにスパゲティポモロードとリゾットミネラーゼ。サラダはなぜか、酢漬けのキャベツやニンジンが添えられていて、肝心のレタスなどは少なめ・・・もう一つのグリーンサラダはぺろりと平らげた。エスカルゴはとっても美味しい。バゲットにたっぷりとガーリックバターと浸み込ませて、ワインと頂きます。幸せ~~  さすが、フランス圏のスイス!

ダーリンが食べていたミネストローネはベリーが気に入って食べつくしてしまった。ここのミネストローネはトマトは入っていなく、シンプルなコンソメ味で、スパゲティが入っているのが良かったらしい。

2杯目はロゼと一緒に、ハムたっぷりのリゾットは濃厚で病みつきになる味。でもやっぱりボリュームが多く、最近食欲が落ちているので間食ができなく残念・・・それにしてもチーズフォンジュにはあり着けなかったが、とっても満足のいくイタリアンに出会えてよかった 

22:00 ナッツは最後まで寝ていた・・・ベビーカーにナッツを乗せて、ホテルに戻るタバコ臭い部屋に戻るとダーリンはすぐに寝入ってしまった。代わりにお昼寝から目が覚めたナッツ・・・遅いよぉ~。先にお風呂に入ろう。今日はバスタブがあるので、ベリーもナッツも大喜び。それから洗濯だ。地下にコインランドリーがある。2日分の洗濯ものをまとめて、ベリーとナッツを連れて地下のランドリーへ。

洗濯はCHF2.6, 乾燥機はCHF2 手元には十分のコインがある。まずはCHF1と20セントを入れ、あれ、、、あとCHF2コインしかない・・・このコインボックスはCHF1と10セントと20セントしか使えない。返却ボタンを押してもコインが戻って来ない!リセプションがないこのアパートメント。両替も出来ない・・・悔しい!コインランドリーにみーこのお金が吸い込まれた!このぼったくりマシン(怒)

洗濯は明日の朝、向かいにあるパン屋さんでパンを買ってコインを手に入れよう。今夜はこの辺で寝るとしよう。

【 vol.8 スイス・ローザンヌ旧市街地散策 へつづく 】

子連れ 南フランス・イタリア・スイスドライブ へもどる

casino

雨のアヌシー  見逃した旧市街地とメリーゴーランド

子連れフランス・イタリア・スイスドライブ vol.06

2013.08.07 (wed)

11:45 1時間のプルージュ観光を終えて、再びハイウェイに乗って今度はアヌシーへ。

プルージュ ⇒ アヌシー  145km 1h35m

13:30 スマホのGPSに設定したアヌシーはリベラシオン広場に誘導してくれた。平日だと言うのに、観光客で賑わっているアヌシー。湖の畔にはメリーゴーランドがある。これを見つけたら黙っているはずがない、ナッツ。乗りたくて乗りたくて、ウズウズしている。

駐車場マークに誘われて進んだ駐車場は大混雑。ホテルの地下駐車場に入る為にみんな並んでいる。一度並ぶと引き返しができないほどに、後ろも列をなした。途中から2列に並び、進んだと思うとまた止まった。どうやら台数規制をしているようで、2台が退出しないと、新しい2台が入れない仕組み。だから、1台が出て来ても、もう1台が出て来て、ようやくバーが開くようになっている。待つこと10分程。我らの晩のバーが開いた。グルグル地下4~5階まで下がり、見つけたスペースに止めて、折り畳み傘もベビーカーのかごに入れて、エレベーターで上がろう。ナッツは「メリーゴーランドに乗ろうよ~、ご飯の前にメリーゴーランド!」って騒ぐけど、こっちはお腹が空いているよ~。

エレベーターで地上に出ると、目の前にメリーゴーランドがある!しまった!ナッツが騒ぐ!「メリーゴーランド!」って。でも「ご飯を食べてから乗ろうよ。」ってなんとか言い聞かせて道を渡る。

さぁ~、どっちに行こう?これがこれからのアヌシー観光の運命の分かれ道となってしまった。地図も見ないで勘で旧市街地とは反対方向の リベラシオン広場の西側の通りに向かって歩く。Paquier通り。確かにレストランが6、7軒集まっている。イタリアン、フレンチ、イングランド・・・何にしようか、ナッツがピザが食べたいと言うので、 Le Napoli というイタリアンレストランに決めた。テラス席はもう満席で、大繁盛のイタリアンレストラン。

テラス席のすぐ背中合わせの窓際に案内されて、大きな丸いテーブルに着く。ベリーカーに揺られてベリーはお昼寝中。あまり騒々しくはないのでべリーも眠れそう。繁盛のこのレストランは、サービスを2人の女性で回している。2階にも席があるようで、時々食事を済ませたお客が階段を降りて来て、バーカウンターでお会計を済ませている。日本のようにレジでお会計を済ませる形式は欧米ではあまり見かけない。

白ワインにサラダとピッザァ・マリナーラとスパゲッティ・ペスト(バジルソース)。どれもボリュームたっぷりで食べきれそうもない。ピッザッは所々がこんがり黒く焦げている。マリナーラとだけあって、アンチョビの塩とケイパーの塩が合わさってとってもしょっぱい!これはビールにぴったりだ!でも子どものナッツにはキツイらしい・・・最近、パスタよりピザが好きなナッツにとって、このピザより日本の¥300ピザの方が断然おいしいらしい。日本の¥300に軍配が上がった!パスタもバジルがきつくてナッツは嫌いみたい。

食事を終える頃ベリーが起きた。ベリーはこのしょっぱいピッザッを大きな一切れぺろりと平らげた!おまけに、ナッツが嫌がったスパゲティ・ペストまで食べて、お腹いっぱい。そして「メリーゴーランド!」って騒ぐナッツに押されて、お店を出る事に。雨はまだ降っていない。まだまだランチタイムを賑わうこのPaquier通りをリベラシオン広場まで歩き、地下の遊歩道を通って、反対側の湖畔に行きます。湖畔の脇の水路にはブラックスワンや白鳥が泳いでいます。奇麗な光景なので、写真を撮ろう!

あれ、あれれ・・・・デジカメがない!さっきのLe Napoli レストランで写真を撮って、テーブルの上に置いておいて、忘れて来たかも!まだレストランを出てから5分程。ナッツとベリーをダーリンに任せて、慌ててレストランに戻る。ちょうど、さっきまで働いていた女性が勤務を終えて帰るところに遭遇。でも、この女性より、ロビーを仕切っていた女性に話をすると、テーブルの上にはなかったと言う。周りを見回しても落ちている気配はない。「ベビーカーにあるんじゃない?」と女性に言われて、通った道を探しながら、もう一度ベビーカーを探しに戻る。

でもバックもベビーカーの中もどこにもない。ダーリンが「お店を出た時、ベビーカーがぶつかってその時落ちたかも!」と言うのでもう一度通った道を探しながらレストランに戻る。レストランにはもうお客さんはいない。店員の女性が一緒にテーブル周りやカーテンの裏などを探してくれるけど、ない・・・どんなに探しても、ない・・・お礼を言ってお店を出る。

お店の周りの道の上を探しながら歩くけど、ない。もしかしたらゴミ箱に捨てられているかも!と思い、汚いけど、ゴミ箱の中も探した。でも、ない・・・

しかたがないのでナッツとベリー、ダーリンが待つメリーゴーランドに行く。ナッツはもうメリーゴーランドの虜。みーこが戻ると早速ダーリンとメリーゴーランドに乗る。納得のいかないみーこ。もう、このアヌシー観光って気分ではなくなった・・・昨夜のリヨンのディナー、ホテルの朝食、リヨンの旧市街、それに小さな美しい村プルージュの写真が一瞬にしてなくなってしまったのです・・・ショックで、ショックで・・・

ただ救われたのは、今回もう一台デジカメを持って来た事。次からは新しいデジカメを使えるけれど、それでもこの24時間の間に納めた写真が消えてしまった事が悔しすぎる。

ナッツが3回目、4回目のメリーゴーランドに乗っている間、ベリーと一緒にもう一度と探しに行く。レストランはもう閉店していて、鍵がかかっている。もう中を探すことはできない。仕方がないので、道の上を探すが、あるわけがない。メリーゴーランドのところに戻る。

地図も水にこのアヌシーを歩く。まずは愛の橋に向かって歩く。大きく茂ったポプラの並木道は降りだした雨を遮ってくれる。後になって分かったことだけど、人がいっぱい集まっていたのは愛の橋の上でした。この時知らずに歩いていました。

雨が降って来て、ナッツの靴が泥だらけに・・・靴が歩きづらいと言うので、急きょ靴を探しに行く。デジカメをなくし、意気もなくしてしまったので、見どころを確認せず、地図を見ずにまたもやPaquier通りに。ついでにカメラがあるかどうか、最終確認。でもない・・・

雨から逃げるように屋根で濡れないような場所を探して歩く。運よく子ども用の靴屋さんを見つけて、ナッツの靴をGet.そして、そばにあったポストカードがこのアヌシーのメインの風景をとらえていた。デジカメがないのでこのポストカードを買うとついでに、どこにあるので聞いてみる。どうやら反対方向だ。

アヌシー一番の風景、旧牢獄がある運河を探すが、雨は激しくなってくる。もういいや~、ト思い、雨宿りを兼ねてスーパーマーケットに逃げ込むが、エアコンが寒い・・・スーパーを出ても雨は一層激しくなり、角を曲がって雨宿りができるアーケードを見つける。みんなここに集まっていた。ダーリンが「きっと、ここだよ。いい風景が撮れる場所。」と言うが・・・こんな雨ではせっかくの風景も台無しだし、デジカメがなければ撮れない。みーこの携帯を開く気にもならないので、ダーリンのスマホに写真は納めてもらおう。結局旧市街がどんなものかもわからずに去って行く。

もうこの雨ではこのアヌシーにいられない。長袖が欲しいくらい、気温が下がって来た。早く車に戻ろう。駐車場に戻ると、パーキングの精算機前で列。ようやくみーこの順番になったが、クレジットカードを入れると受け付けてくれない・・・後ろのおばちゃんが困った時のインターホンで係りの人と話をしてくれて、「下にあるオフィスに行って精算してもらうのよ。」と教えてくれたので、地下1階に行ってみる。が・・・そんなオフィスはない・・・しかたがないので再び精算機の列に並ぶ。いちよ屋根があるものの、広い屋根ではないので横から吹きこんでくるので寒い。みーこの番なり、駐車券を入れて現金を入れたら・・・できた!最初からそうしていればよかった。

ようやく、車がある地下までエレベーターで下って、車に乗り込む事に。奇麗なはずのアヌシー・・・肝心の旧市街を歩かずに、デジカメ紛失と激しい雨で台無しになってしまいました。

【 vol.07  ローザンヌ中央駅前のアパートメント へ続く 】

子連れ 南フランス・イタリア・スイスドライブ へもどる