アルプス越え イタリア・ドイツ・スイス 横断ドライブ 《スイス編》

今回はドイツA5を通ってスイスin。ドイツのアウトバーンを時速150km以上で走っていくと、スイスのゲートにぶつかります。ここで、スイスの年間ハイウェイパスポートを購入。40CHF(スイスフラン)1CHF=¥85なら、年間で¥3400で高速道路乗り放題!いくら日本より狭いスイスとは言え、国速道路年間パスというこの発想!素晴らしい!さらに、高速道路無料のドイツは、なんて懐が広いのでしょう!

その年間ハイウェイパスポートをフロントガラス越しに置いて(本当は貼ります)ドライブ開始です。

ドイツだけが制限速度無制限なので、スイスは他国と同様に時速130km、場所によっては110kmや100km。結構速度に厳しいようなので、ついつい飛ばしてしまうと注意が必要です。

市街地に入ると、他国と大きく異なることは信号機!

今までドライブして来て、日本と同様に赤信号で止まっていると次は青になって発進するのが普通です。でも、ここスイスは、赤⇒黄色⇒青 と変わるのです。

そう、青になっても飛び出し禁止!青になるよ、でもまだ発信したらダメ!と言うように黄色信号があるのです。どうやら急発進した場合、罰則になるとか・・・いずれにしても、みんな信号が赤から黄色に変わってもフライングをせずに、青になってから出発。これも、永世中立国の国民性なのでしょうか?またもやこの発想も素晴らしい!

景色が美しいスイス。アルプス付近はもちろん峠を走ります。カーブの多い道で、ピンカーブも多いです。今回ドライブしたのでスステン峠。夏なので高山植物が色鮮やかに咲いているので、ゆっくり景色を楽しめます。ただし、このような峠なのでガソリンスタンドはほとんどありません。ガソリンは都市部でしっかり補給してガソリンスタンドに寄らないようにした方が無難です。時々見かけますが、とっても小さいので、やはり大きな町で補給しておきましょう。

本当はゴッタルド峠も走りたかったのですが、時間の都合上このままハイウェイに乗ってイタリアへ。途中時速120km程で10分以上もかかる長いトンネルを走ってアルプスの山を抜けました。少なくとも20kmはあったトンネル。なかなか外に出ないので「このままトンネル???」と心配になります。

イタリアに近くなると、サービスエリアもイタリア風。レストランは美味しそうなイタリア料理が並んでいます。日本のサービスエリア巡りのように楽しいサービスエリアです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*