雨のリヨン旧市街地 観光 

子連れ 南フランス・イタリア・スイスドライブ vol.04

2013.08.07 (wed)

5:00 止めてしまった扇風機で、部屋は蒸し暑くなっている。体温の高いナッツとベリーに挟まれた上に、外の騒音が気になって落ち着いて寝ていられない・・・時差ボケなのか、フライト中に寝ていたせいなのか、寝付けないのでこのまま起きて何かしよう。

散らかしてしまった荷物の整理と、ブログの更新。と思っていたらナッツが起きた。「ママぁ~遊ぼう~」って・・・ナッツの相手をしながら、まずは荷物の整理。そしてブログ更新をしようと思ってダーリンのノートパソコンを点けたら・・・なんだか変??起動画面にならない・・・キャリーケース内でゴロゴロしていたから、衝撃があったのかなぁ・・・怖いのでこのままにしてパソコンはやめておこう。

するとベリーも起きたのでシャワーを浴びよう。シャワールームは少し狭い。3人で立つと隙間がないので、顔にシャワーが当たると騒ぐナッツとベリー。

6:30 ダーリンも起きたので、パソコンを使えるようにしてもらい、今回の旅のブログを更新

7:30 朝食が始まる時間。運よく朝食付。開始と同時に朝食ルームへ。朝食ルームはフロントのある1階から、らせん階段をクルクルと降りた地下にありました。6組ほどのテーブルがあるコンパクトな朝食ルーム。真ん中にクロワッサンやバゲット、ヨーグルトなどが並べられたテーブル。やっぱりフランスのクロワッサンはとっても美味しい。それにカプチーノがあれば申し分なし。最高の朝食。

8:30 まずはチェックアウトをして、車にに荷物を入れ込む。

小雨模様のリヨン。昨夜ディナーを取ったMerciere通りの1ブロック先にはソーヌ川。橋を渡ればリヨン旧市街。橋からはノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂が堂々と建っています。車も少ないので、橋の真ん中から写真を撮る。(でも写真がないのは vol.06 アヌシー まで待ってください。)なんだかストラスブールを思い出す光景です。

橋を渡り終えて旧市街に入ると、雰囲気は中世を味わえる街並み。朝もまだ早いのでお店はまだ閉まっている。観光客も見当たらなく、住民が犬の散歩をしているくらい。ショーウィンドに並べられた商品を楽しみながら、ぶらぶらSt-Jean通りを歩く。雨もなんとか持ちこたえているのでサン・ジャン大司教教会まで歩いてみる。サン・ジャン大司教教会前の広場にも人がいないのでいい写真が撮れる。やっぱり観光地は早朝が穴場!この大司教教会前のショップがちょうどオープン準備を始めているので、早速記念品を買って行こう。

サン・ジャン大司教教会の南側の橋を渡ってホテルに向かおう。雨は次第に激しくなって来た。出発前にインターネットでチェックした天気予報、大当たり。今日も明日も明後日も、リヨン、スイスのレマン湖周辺、それにモンブランは雨・・・念の為に持って来た折り畳み傘2本が大活躍。いままで旅行で雨に当たるのはほとんどなかった。折り畳み傘を持参したことも初めてに近い。でも、雨になってしまった・・・1本の傘は3年前にストラスブールに行った際、雨に降られて買った黒い傘。可愛くないけど役に立つ。

雨が降ってしまうと、街並みを楽しむ余裕がなくない。それにパーキングメーターも9:45になっているので急ぎ足で戻ろう。10時前の新市街地のリヨンは開店前の準備中。激しくなって来た雨から逃げるように、建物の壁つたいを歩いていくが、足元は濡れてしまった・・・

ちょっと遠回りして車に到着。車に乗り込めば一安心。リヨンの次はフランスで限られた美しい村に挙げられている「プルージュ」へ足を伸ばしてみよう。

【 vol.05  フランスでもっとも美しい村 リヨン郊外プルージュ へドライブ へつづく 】

子連れ 南フランス・イタリア・スイスドライブ へもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*