フランス・スペイン大西洋岸国境超え BERA

ロンドン・フランス・スペイン・バスクドライブ with 子連れ vol.21

2018.08.13

St. Emilion   ~ Bera (spain)    270km (3:00)

15:30 ボルドー郊外のワインの産地サンテミリオンを出発。ここからフランスとスペインの国境超えだ。バイヨンヌまでひたすら何もない森林地帯を走り続ける。植林されているのか綺麗に整列している森林。すっぅと高くそびえ立っている。途中で雨に合ったけど、昨日の豪雨とは違って普通の激しい雨で済んだ。

バイヨンヌ周辺まで来ると車での台数も増えてきて、今まで時速130kmの走行からスピードダウン。スペインとの国境まで数十キロ。国境超えの楽しみはユーロのマークと国名の看板。でも一瞬なので見落としてしまう事もある。カメラの準備をして国境超えに臨む。

「メルシー」の文字。どこかにユーロマークがあるはずだけど。「メルシー」ってあるって事はフランス終わり???そう!あっと言う間に過ぎてしまい、気付いた時にはスペイン!標識はすっかりスペイン語!秒単位の出来事。

そして写真を撮る事に気が向いていたら、この「出口0」の標識をすっかり見落としていた!ここで降りる予定だったのに…行き過ぎてしまった!しまった、あと少しで宿なのに…次の出口まで10km以上もある。でもそこまで走って、Uターンしなければならない。左の反対車線を見ると渋滞の列。かなりの渋滞だ。

「出口1」で一度降りる。料金所はすっかりスペイン語。さっきまでフランス語だったのが、一気にスペイン語。ヨーロッパドライブの面白いところ。それにしてもスペインはフランスよりも物価が安いので、高速料金も安い。1区間だけだったけど、90セント。€1出しておつりが来た。

出口を間違えてから10分程走っていた道を引き返す。Uターンしてしばらくの間は順調に進んでいたけど…残念…渋滞にハマってしまった。ずっとドライブだったのでナッツとベリーは車酔い気味。ほんとうなら到着していてもいいはずだけど…ごめんよ子ども達…

なかなか進まない渋滞。これは国境の料金所で混んでいるようだ。30分程時間をロスってようやく出口に出た。ここでも90セント支払って山道を走る。こんな山奥のホテルにしたのは、洗濯機があるから。長旅では洗濯機は重要。子どももいると洗濯も一仕事。

洗濯機のために何にもなさそうな山道を走る。山道と言ってもしっかりした道。ちょっと期待して車を走らせる。我らの地元に似た雰囲気の田舎の山道。木々の茂り方も日本の木の高さや広がり方や色が似ている。

18:30 そして辿り着いた宿は、村にあるレストラン兼ホテル。周辺に食事ができるところはなさそう。かわいい建物だけど、部屋は大丈夫かな?昨日に続いて辺鄙な所に日本人が訪れるのも我らくらいだろう。

完全スペイン語のバーカウンターで部屋の鍵を受けとって部屋に行く。ツインルームを2つ予約。窓を開けると庭のレストランのテラスがあり、目の前には山。澄んだ空気。山の霧が煙っている光景も吸う空気も田舎のおじいちゃん家に似ている。夏の夕立ち後の風景だ。

それにしても目的の洗濯機が見当たらない。部屋の隅々まで探すがない。下に行ってスタッフに聞いてみると、洗濯機はないと言う。コインランドリーもない!じゃなんで、Booking.comのサイトに「この部屋に洗濯機あり」なんて載っているだよ~(怒)それならわざわざ来なかったのに!!!仕方がないからシャワーを浴びながら洗濯…

大きな仕事がやって来た。数日分の下着やシャツを洗濯。足で踏んで洗濯じゃ。脱水はバスタオルに挟んで踏む踏む!そして持参の紐ロープと洗濯はさみで干す。窓辺にもぎっしり干す。明日までには渇くかな~?洗濯機があればこの手間も省けるのに。

20:30 洗濯も終わったら下のレストランバーで食事だ。まだ外は明るい。子ども達も遊んでいる。これがスペイン。外のテラスに場所を取りながら食事にしよう。真夏の夕方、ちょうどいい気候ながら、雨上がりの後と言う事もあり、ベリーが寒いと言い、ナッツも気持ち悪いと言い、元気なのはドングリだけ。ドングリ1人が外のおもちゃで遊ぶ。ドングリが遊んでいる間に注文しようとするが、メニューのスペイン語が読めなくて苦労。ガイドブックに載っている単語だけでは読解ができない。スマホで翻訳しながらなので時間が掛かる。注文までに時間が掛かり過ぎて、ナッツの具合も段々悪くなっていく。暗くなってきて、肌寒くなってきたので、具合のすぐれないナッツとベリーの為に室内のテーブル席に移動。外が見える雰囲気のいいテーブル席は全部埋まっているので、バーカウンター側のテーブル席に。タバコの煙が気になる。寒いと言うベリーはバスタオル2枚に包まってねてしまった。車酔いを引きずっているナッツは嘔吐をしてそのまま膝枕で寝てしまった。

2人がノックアウトした状態で3人でディナー。せっかくのスペイン料理なのに。サラダは大振り。イベリコハムもこれでもかって程に乗ってきた。タコのオリーブオイル焼きは文句なく美味しい。

子ども達の為に注文したポテトもドングリだけが食べるがたべきれない。基本、量が多い!嬉しいけど、今夜は2人がノックアウトしてしまったので残してしまった…ノックアウトした2人とは対照的にスペインの子ども達は10時過ぎになっても元気にレストランバー内を走り回っていた。

【 ロンドン・フランス・スペイン・バスクドライブ with子連れ vol.01へ戻る 】

【 vol.22 へつづく 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*